黒川 登紀子

Tokiko Kurokawa

 
「光を通して見える色」というのが好き。それを求めてしまう私にはガラスという素材はうってつけであり、しかも日常的に用途がある。それを口実に部屋のあちこちに配置して色を楽しんだり、インスタグラム上でトリミングしてみたり――。
「楽しみの尽きない素材」として日々ガラスに向き合い、試行錯誤する。独特のやさしい色合い、やわらかなフォルムが魅力のガラス作家。

KR-1 ガラスドーム φ160mm

SOLD

KR-5 花器 クリア

SOLD

KR-7 カラープレート φ210mm

SOLD

KR-8 ペタンコ φ105mm

SOLD

KR-10 片口ボウル ピスタチオ

SOLD

KR-11 ランプ ピジョングレー

SOLD

KR-12 ランプ チェリーレッド,ブロンズ

SOLD

KR-13 ランプ セラドン,ワイマラナーブラウン

SOLD

KR-15 ランプ ワイマラナーイール,ピスタチオ

SOLD